NPO法人秋葉原で社会貢献を行う市民の会リコリタ

人によっては、メイド喫茶かもしれない。パソコン部のパーツかもしれない。アイドルのライブかもしれない。人それぞれに、それぞれの秋葉原がある。毎日通った「あの頃」なのか。今日も買い物にいく「いま」なのか。まだ見ぬ夢中になる「いつか」なのか。令和になって、コロナになって、自分も秋葉原もすっかり変わってしまった。でも、秋葉原にくるとホッとする。ここは、自分の場所だと再確認する。やっぱりここは、僕らの場所だ。「あの頃」も「いま」も「いつか」もある。仲間がいる。 好きなものがある。 夢がある。他のまちにはない「ここだけ」がある。そう、秋葉原は特別だ。THIS MUST BE THE PLACE

Member

Takeyuki Sanada

My Akihabara

PCエンジン/MSX/FM-TOWNS/PC98/LD/自作PC/パソ通オフ会/アナログゲーム/コスプレ居酒屋/メイドカフェ/リコリタ

リコリタ理事長/プロデューサー。地元浅草から自転車で毎日のように通ってた秋葉原。小学校時代から大人になるまでの間に秋葉原でよく遊んでた友だちと一緒に、大好きな秋葉原で何かできないかなと思ってリコリタをつくってみました。

Member

Yo Fujisawa

My Akihabara

レトロゲーム,ゲーセン,格ゲー, カレー, 昔住んでいた,アイドル握手会, LD収集 場所:中央通り

リコリタ理事/デザイナー。少年時代から秋葉原に通っていた。ゲームとパソコンとLDを買いに来ていた。大学時代は秋葉原に住んでいた。大人になってもリコリタで秋葉原で遊んでいる。そんなこんなで、この歳(41歳)になっても、ついつい通ってしまう。

Member

Koji Tazaki

My Akihabara

Bar、嫁、リコリタ

付き合う前の嫁に勧められて通い始めたBar。そこで理事長真田と飲み友達になりリコリタに参加。嫁がメイド時代にうち水っ娘大集合に参加していたと知る。今でも山に登る仲間と知り合ったのもそのBar。大人になってから長い付き合いができる人と知り合うなど、なにかと縁のある不思議な街。

Member

Kanako Mihashi

My Akihabara

うち水っ娘大集合,アニメ,漫画,格ゲー,ギャルゲー,コスプレ,同人誌,おもちゃ 場所:神田明神男坂

リコリタ結成メンバーのひとり。秋葉原はオンラインでもオフラインでも人とつながることができる場所。

Member

K

My Akihabara

ミニマリスト/アイドル/駒込&巣鴨

あのころの あきはばらに おもいを はせる かいこちゅう。 ここ すうねんは あきはばらの かいしゃで はたらいているらしい。 てんかいっぴんの こってりらーめんが だいこうぶつ。

Member

Ayumi Mukunoki

My Akihabara

菜園、野菜、緑

リコリタメンバー/造園屋 はじまりは「秋葉原のビルの屋上で菜園つくりたいので手伝ってくれませんか。」だった。秋葉原の人たちと野菜を育てて、大きくなったね、あと少しで収穫だね、収穫したらみんなでどうやって楽しく味わおうか、美味しいね、楽しいね、が積み重なって10年以上。秋葉原に昔あった野菜の市場は今、みんなのすぐそばにあるのかもしれない。 場所:日本農業新聞社新社屋前

Member

Gachiko Hagiuda

My Akihabara

うち水っ娘、秋葉原菜園、パク打ち、自転車、ちよくる、声優

コエコプロジェクトメンバーとしてリコリタに参加するうち、気づけばリコリタメンバーに。アニメ・ゲーム・漫画で育ってきた割には秋葉原にあまり来たことがなかったのだけれど、リコリタきっかけで秋葉原と関わるようになったことが、ちょっと嬉しい。もっと秋葉原で遊びたい。 場所:秋葉原駅電気街口

Member

Shinsaku Imura

My Akihabara

PC-9821/Windows95/プログラミングスクール/部品/機材

リコリタメンバー/テクニカル担当。中学時代に触ったPCから始まり、大人になっても仕事に必要な機材や部品を買ったり、WEB制作に必要なプログラミングのスキルを学んだり。細く長~く通う秋葉原で何か面白いことができるかも?と思い、2021年リコリタにジョイン。

Member

My Akihabara

メイドカフェ、コンセプトカフェ、ラブライブ!、女性声優、アニソン、アニクラ(アニソンDJイベント)、アニメイト、ゲーマーズ、AKB48劇場、Cafe MOCO

リコリタ店舗渉外・メイドアテンド担当。大学生の時にgreen drinks AKBというイベントに参加したのがきっかけで、2015年頃から本格的にスタッフとしてリコリタに関わるようになる。普段は社会学研究者として、メイドカフェにおける労働経験やオタクカルチャーに関する研究を行っている。秋葉原は寛大さと偏屈さが両立する不思議な街だと思うけど、私は時間があるとここに来てしまうし、どうしようもなく愛している。

licolita reboot 「うち水っ娘大集合」を、2004年から毎年ずっと続けてきた私たちNPO法人リコリタ。秋葉原で出来る社会貢献をテーマに、16年間ほかにもたくさんの企画を実行し続けてきました。”考えたら即実行”社会貢献の企画を実行することのみで走り続けてきた私たち。ですが、COVID-19によって変化した環境と価値観において、そのままのカタチで続ける事は難しくなってしまいました。そこで!今だからこそそのカタチを見直し、今らしいカタチに活動をリブートしていきたいと考えました。まずは、社会貢献と秋葉原をテーマに情報発信を実行する「リコリタmag」から。いま見ていただいているこのサイトです。これまでを振り返りながら、これからを見据えて。「帰る場所」である大好きな秋葉原から。2021年、春。リコリタ、リブートお楽しみに。