NPO法人秋葉原で社会貢献を行う市民の会リコリタ

リコリタの代表の真田です。
この活動を始めることになったきっかけから書いてみます。

2001年、大学を卒業して、
ちいさな広告制作会社で働きはじめました。
どんな仕事してたかというと、
地方の役場のホームページとかを細々とつくったり。
めちゃ地味な感じです。
(もうその会社倒産してないんですが…汗)

つまらない割に深夜まで働く毎日だったので、
休みの日は学生時代に秋葉原で一緒に遊んでた友だちと、
飲んだりアナログゲームしたりでした。

友だちは、地元とか学校とかだけじゃなくて、
90年代にパソ通のオフ会で知り合ってる者もいたりしてました。
秋葉原とかオタクな趣味が共通項で、
だらだらと月1とかくらいで集まって遊んでました。

ただ、なんとなく、マンネリ化してて
飲んでも話題もあんまり変わらないし、
楽しいけど、物足りなさをいつも抱えてて、
なんか面白いことしたいよなーって、
モヤモヤ抱えながら過ごしてる感じでした。

で、結構そういう面白いことを探そうかなーって思うと、
当時は2ちゃんねるが元気あって。
突発オフ板っていうオフ会を突発でやっちゃおうぜっていう板があって
それを見たりたまにリコリタのメンバーの陽ちゃんと一緒に参加したりしてました。

そういうところにたまーに「面白い!」
って思えるネタオフが転がってて、

有名なところでいうとマトリックスオフとかですかね。
黒スーツサングラスの人が集結しちゃう、っていう。
そういうネタオフを見るたびに、
ゲゲー、楽しそう…と思ったり、
俺もそういうのやってみたいなーと悔しく思ったり。

モヤモヤを抱えまくってた20代前半だったわけでした。

長いな、この話。
もう一旦第1回はこのあたりで終わろう。

この頃好きだったネタオフ会は
「俺に騒ぐオフ」でした
https://seesaawiki.jp/w/niten_plus/d/%B2%B6%A4%CB%C1%FB%A4%B0%A5%AA%A5%D5

今だとすぐ炎上しそうですね。今回の記事は一旦この辺で。